WordPress・JetpackでTwitterに自動投稿

WordPressのプラグインJetpackを設定してブログを書くとTwitterに自動投稿されるようにしてみました。

Twitterに自動投稿できるようにするには開発者アカウントを取得して~とハードルが高そうだったのでまた今度にしよう、と思っていましたがJetpackというプラグインを使うと簡単にできるらしい、ということで設定してみました。

JetpackでTwitterと連携

まずプラグインの新規追加からJetpackを検索し追加、有効化します。
そうするとこんな画面がでてきました。
WordPressで続けるべきかGoogleにするべきか、どちらがいいか不明だったためわたくしはWordPressでやってみました。

そうするとJetpackのアカウントをつくる、という画面にうつるので指示にしたがい作成しました。
またIDとパスワードが増えてしまいましたが仕方なしです。
おぼえて次に進みます。

そうすると次はこんな画面でした。
おっと有料プラグインだったのか、仕方ないなと思いましたが下にスクロールしていくと無料で始めるというプランがありました。
とりあえずTwitterに自動投稿できればいいので無料ではじめてみます。

これでJetpackを使い始める準備はできました。
後はTwitterアカウントの連携です。
Jetpackの設定画面に進むと共有タブがあります。
その一番上に投稿をソーシャルネットワークに自動共有というスイッチがあるのでオンです。
そして、その下にあるソーシャルメディアアカウントを接続する、からTwitterアカウントを連携します。

ソーシャルメディアアカウントを連携、からは次のような画面にすすむのでTwitterを選択して連携です。
これで設定は一通りすんだはず。
後はブログを投稿すれば自動でTwitterにも投稿されるはずです。

この記事が連携後初記事です。
無事に自動投稿されればいいのですが。

JetpackはFacebookにも対応

JetpackはFacebookへの自動投稿にも対応しています。
TwitterとFacebookに自動投稿したいだけなら設定簡単よさそうです。

Follow me!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です