N700S Supreme最高の新幹線に乗車・座席が結構いい感じ

7月1日から投入された新車両、N700Sに乗ることができました。

N700SのSはSupreme(最高)のS、とのこと。
つまり最高の新幹線だ、ということでしょうね。

鉄ちゃんでも何でもないですが、新型車両に乗る、というのは嬉しいものです。

一番の改善点は全席コンセント

これまでの700系もグリーン車は全席コンセント付きでしたが、N700Sは普通車も全席コンセント付きとなりました。

ひじ掛けの先にコンセントが付いています。
こんな感じでした。

これまでは壁にコンセントがついていて壁側の席を予約しないとコンセントが使えませんでした。

通路側派の私としてはとてもありがたい変更です。

・・・ただ最近は3人席を一人で使えるくらいすいてますのでコンセントが壁だけでも問題はないのですが。

リクライニングで座面が沈む

その他の点だと座席をリクライニングしたときに少し座面も沈むようになりました。

これは結構いいですね。気持ちいいので後ろの方に迷惑なほど倒しすぎないように注意です。
これについても最近はすいていて、後ろに人が乗っている、ということほぼないですが。

予備知識なく乗った私でも座面が沈んだ、ということに気がつきました。
それくらいリクライニングにあわせて座面が沈む、というのは効果があるものなんですね。

座席を最大に倒してもこれくらい沈むだけではあるのですが、その効果は大きいです。

内装は細かく変わっている

内装については結構細かく変わっているようです。

どこが変わったまでは気がつきませんでしたが、すっきりしたな、と思いました。

大きな変更は照明が間接照明になったこと、窓枠が変わったこと、らしいです。

確かに間接照明になっていますね。


座席テーブルの裏面にフリーWi-Fiマーク

新幹線のフリーWi-Fiマークはこれまで車両のドア付近にシールが貼られていました。

それが座席テーブルに記載されていました。

今後は全車両フリーWi-Fiつきになるんでしょうね。

座席テーブル自体は特に変わったとは思いませんでした。

N700Sに乗るには?いつ走っているのか

私は本当にたまたま乗った車両がN700Sでしたが、いつ、どれくらい走っているのでしょうか。

普段エクスプレス予約をつかってネットで予約しますがその予約画面にはN700Sかどうかは表示されません。

調べてみると、東海道新幹線の運行情報ツイッター
 東海道新幹線(東京~新大阪)運行情報【JR東海公式】@JRC_Shinkan_jp
が前日に、明日のN700S運行情報を出しているようで、現状はこれをみて予約するしかないみたいです。

確認してみてびっくりでしたが、まだ一日1,2本しか走っていないようです。
しかも今日7月29日は下りのぞみ283号と上りのぞみ376号の2本だけでした。

そんな車両に乗れたのはラッキーだったわけですね。

乗ってから気がついたので内装の写真は何枚か撮ったのですが、外のN700Sマークを撮り忘れました。
いまさらながらちょっと残念です。

まとめ

N700Sは導入当初は4編成で今年度中に8編成追加される予定で、来年度、再来年度共に14編成ずつ追加され2022年度には40編成になるとのこと。

しばらくは乗れたらラッキーくらい走行本数の少ない車両です。

そのころには全席コンセントがいかせるくらいまた新幹線が混雑するような状況になっているといいですね。

Follow me!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です