キズパワーパッドはしっかり血が止まってから・数分で止血できないなら病院へ

昨日、左手中指の背側を包丁の根本で3cmほど切ってしまいました。
痛かったですがそれほど大事とは思わなかったのですが結構大事でした。

流し台下に収納してある包丁には注意

流し台の下に包丁をたてて収納するスペースがあること多いですよね。
うちのキッチンにもあり、包丁が入っています。
流し台の下にあるものを取ろうとしたときに、ここに立ててある包丁の根本で中指の背をひっかく感じになってしまい、結果かなりざっくりと切ってしまいました。
全く躊躇なく手をつっこんでますからかなりいってしまいました。

改めて説明するだけで痛いですが切ったときもメチャクチャ痛かったです。

水で傷口を流してまた悶絶。

その後はガーゼを傷口にあてて圧迫して止血に努めましたが、結局とりあえず血が止まるまで一時間以上かかりました。

キズパワーパッドの密閉性は凄い

とりあえず、と書いたのは実は完全にはとまってなかったんですね。
ジワジワと滲んではきていたのですが最初の勢いに比べると止まったに等しい、なんて考えてしまいました。

その時はなんとか止まったなということでキズパワーパッドをはりました。
数年前にスライサーで指先までスライスしてしまったときにキズパワーパッドでキレイに治ってからキズパワーパッドには絶大な信頼をよせています。
キズパワーパッドをはって傷口に蓋をしてこれでもう安心だ、と思っていたのですが。
その後がまた大変でして。

ジワジワと滲んでいた血がキズパワーパッドを貼って数時間後にパッドの端から溢れてきてしまいました。

キズパワーパッドは防水性、密閉性が相当高く、血を吸うようなパッドはありません。
行き場を失った血がドンドンたまってしまい、溢れて端からピューっとでてきてしまいました。

結局、キズパワーパッドは剥がし、もう一度悶絶しながら傷口を洗い、ガーゼをあてて止血をやり直しました。

キズパワーパッドはしっかり止血をしてから。

血が完全に止まってないのにキズパワーパッドを貼ってしまうとパッド内で行き場を失った血が溢れます。

キズパワーパッドは素晴らしいモノですがしっかり血が止まったことを確認してから使うようにしましょう。k

パッドの端からピューっと血が噴き出るのはなかなか衝撃映像でした。

ちなみに、キズパワーパッドのHPをみたら数分で止血できない場合には使わずに病院に行きましょうとしっかり書いてありました。

使用する前に使用上の注意等はしっかり確認しましょう。

結局縫いました。

今日、救急病院に行ったらこれは縫わなきゃダメよ、ということで縫っていただきました。

相当深くいっていた部分もあったみたいです。
また、指の背、ですから常にテンションのかかる部分なので縫わないといつまでもくっつかないよ、と。

病院行っておいてほんとによかったです。

まとめ

傷口から菌が入っていたりすると大変ですし、血がすぐに止まらない場合はちゃんと病院へ行きましょう。

縫うのが必要なくらいの傷を自力でなんとかしようと思っていたことも怖いですし、包丁の収納も相当怖いですね。

包丁って立派な刃物なんだなと改めて思った次第です。

Follow me!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です