お年玉と贈与税・一般的な金額なら贈与税の対象外

お年玉は贈与ですが社会通念上相当と認められる金額、つまり一般的な金額のお年玉であれば贈与税がかからない贈与、とされています。

つまり税金の心配はしなくていい贈与なんです。

一般的な金額って?

一般的な金額、というのがくせ者でこの金額ならOK、というのはなくて困るのですが。

ただ、普通の家庭では多くても数万円程度でしょう。
数万程度であれば贈与税の心配は無用です。

個人的には10万円までならちょっと多いけどいいかな、と思いますが。
50万円、100万円、という金額になると贈与税の課税対象となるでしょうね。

一般的な金額の判断はくれる人単位

この一般的な金額、というのはもらったお年玉の合計ではなく、くれる人単位で行います。

親戚がとんでもなく多くて100人から3万円ずつお年玉もらった、という場合にも合計では300万円ですが、一人ずつ見ていくと3万円という一般的な金額といえるので全額贈与税対象外となります。

逆に、一人から300万円お年玉をもらった、という場合にはお年玉の範疇を超えているとして贈与税の課税対象となるわけです。

一般的には贈与税の心配無用

いずれにしても一般的な家庭では贈与税の心配は無用です。

ただ、お年玉として渡せば贈与税はかからない、として100万円のお年玉をあげたりすると贈与税の課税対象となってしまうので注意、ということです。

贈与税は1年間で110万円を超える贈与を受けた場合にかかる税なので100万円のお年玉だけではかかりませんが、他にも贈与を受けている場合には全て合算して計算します。

お年玉は何でも課税対象外~というわけでもないので注意しましょう。

100万円もお年玉をあげられる家庭であればある程度計画的に贈与されているとは思いますが。

Follow me!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です