WIN5史上最高配当4億8,178万3,190円・納税は1億2,900万円超

競馬のWIN5で史上最高配当4億8,178万3,190円がでたそうです。

WIN5は5レース分の1位を当てる、というものでたまにこういうとんでもない配当がでます。
100円の馬券が4億円超ですから夢がありますね。

ただ、競馬の配当にも税金がかかります。
寺銭相当とってますから配当には課税しなくてもいいじゃない、とも思いますが。
現金で買って現金で配当もらってる人が納税しているとも思えないですし。

以前史上2位の配当がでた際にも試算しましたが今回も納税はどれぐらいになるのか試算してみました。
結論からいうと所得税住民税あわせて1億2,900万円超の納税となります。
当選金の約3割が税金となりますね。
これを多いとみるかどうかは人それぞれでしょうが。

次のような流れ計算していきます。

課税対象は(払戻金ー馬券の購入費ー50万円)÷2

競馬で稼いだお金は基本的には一時所得というものになります。

競馬は遊びではなく経済活動だ、投資だ、といえるような方法で馬券を購入していれば雑所得になりますが基本は一時所得です。

一時所得と雑所得の違いは色々ありますが競馬の場合は外れ馬券が経費になるかどうか、です。
一時所得の場合は外れ馬券は経費になりません。
つまり一時所得となると、この4億8,178万円あてた人がその4億円を競馬ですってしまっても税金計算上の経費にはならない、ということです。
よほどのギャンブラーでないと4億8,178万円を全額馬券にあてる、なんてことはしないでしょうが。

遊びではなく、「営利目的の継続的行為」といえるような場合には雑所得となって外れ馬券も経費となります。
しかしこれは結構ハードルが高く、一般的な競馬ファンはまぁ一時所得と考えていいでしょう。
また、よほど儲けていなければ外れ馬券が経費にならなくても一時所得で計算して方が得になることが多いです。

税金計算上経費となるのはこの4億8,178万を当てた馬券の購入費100円だけです。
ただ一時所得の場合は儲けから50万円引きます。
そして実際の課税対象はその50万円を引いた金額の半分です。

課税対象金額は次のように計算します。

 4億8,178万3,190円ー100円ー50万円=4億8,128万3,090円

 4億8,128万3,090円÷2=2億4,064万1,545円

こんな計算で課4億8,178万3,190円の内、課税対象金額は2億4,064万1,545円となります。
これが「所得」でここから扶養控除や社会保険料控除、生命保険料控除等の所得控除を引いた残りの金額が課税所得、そして課税所得に税率をかけて納税額を計算です。

所得税額は1億円超

全く所得控除無し、という仮定で所得税を計算してみます。
誰でも引ける基礎控除、というものもがありますが令和2年から所得2,500万円超の場合は基礎控除はなしです。
このWIN5だけで2,500万円なんて優に超えてます。

他に収入がなく課税所得が2億4,064万1,545円だとすると所得税額は
 2億4,064万1,000円(1,000円未満切捨)×45%ー4,796,000円=1億349万2,450円

これに復興特別所得税2.1%を加えて納税額は1億566万5,700円(100円未満切捨)です。

住民税は2,400万円超

住民税は基本的に10%です。

そのため納税額は2億4,064万1,000円×10%=2,406万4,100円(100円未満切捨)です。

所得税住民税合計で1億2,972万9,800円となり、1億2,900万円超の納税が待っている、となります。

少なくともこれくらいの金額は納税のために残しておく必要があるわけです。

健康保険、年金への影響は

健康保険料への影響は加入している健康保険によります。

国民健康保険や後期高齢者医療制度に加入している場合には所得に応じての保険料となるため前年よりも上がる場合が多いでしょう。

ただ、上限が国民健康保険80万円、後期高齢者医療制度64万円、とそれぞれ決まっているため所得税や住民税のように何千万円、何億円、という請求がくることはありません。

会社員で社会保険に加入している場合は給与の金額(標準報酬月額)に応じて保険料が決まるため他に収入が何億円あっても関係無しです。
そのため馬券で4億8,178万あてても全く保険料は増えません。

年金は国民年金は一律ですし、厚生年金は社会保険と同様に給与の金額に応じて、なので競馬で4億8,178万あてても関係無しです。

馬券であててもバレない?

ほかっておいても税務署にはバレないでしょ、と思われるかもです。
確かに現金で馬券を買って現金で払い戻しを受けていれば正直補足しようがありません。
まぁ所得税は自己申告制なのでちゃんと申告しましょう、ということではあるのですが。

ただ、このWIN5は現金では買えずネット等の履歴の残る方法でしか買えません。

つまり税務署が調べようと思えば誰がいくら当てたかはすぐに把握できるようになっています。

まして最近は1,000万円以上の高額当選は税務署に書類がまわるようになったのでバレないことはありません。

馬券に税金はかけなくてもいいでしょと、思いはしますが今のところは課税対象です。

国税も最近は競馬の払戻金課税に積極的ですし競馬で儲かった場合にはちゃんと申告しておきましょう。

Follow me!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です