毎日新聞に続きJTBが中小企業に・資本金の額によって税がかわる

JTBが資本金を減らして中小企業になるそう。
中小企業って何?というのは難しい話ですが資本金を1億円まで減額して1億円以下の企業だけが受けられる税制メリットを享受したい、ということだろうと。

ダイヤモンド・オンライン:JTBが資本金1億円に減資!旅行最大手が「中小企業化」、狙いは節税メリットか【スクープ】

つい先日毎日新聞も同じようなことをやっていました。

資本金が1億円以下になると税制上は色々と得することがあるわけです。

税法の範囲内のことですから、こんなことやってけしからん、とかそういうことではないかなと。
資本金減資はこのようにニュースにもなりますし、その影響やらと税制メリットとを天秤にかけて、それでも減資だ、ということなんでしょうから。

つかえるものはつかって利益をだすよう務める、というのは企業のあり方としては当然ですし。

一つ言えるのは新聞も旅行代理店もそれほど厳しいんだろうなぁ、ということで。

資本金基準は1億円以外にもまだあります。
中小企業投資促進税制は資本金3,000万円を超えると税額控除が選択できませんし、設立時に資本金1,000万円以上だと設立初年度から消費税の納税義務が発生します。

資本金をいくらにするのか、は税務の面からも検討すべき、ということですね。

Follow me!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です