ナゴヤ新型コロナウイルス感染症対策事業継続応援金申請受付開始されています。

22日から名古屋市が独自の応援金10万円を配布する、と先週書きました。
この申請が今朝から予定通り始まっています。

申請書はネットで作成後に郵送

名古屋市HPの「ナゴヤ新型コロナウイルス感染症対策事業継続応援金の申請受付について(本市独自制度)」をみていただければと思いますが、トップに「申請書作成支援サイト」のリンクがあります。

法人用、個人事業者用と2種類あるのでそれぞれ該当のリンクから申請しましょう。

ネット申請のシステムを短期間でつくったのかな?と思いましたがそうではなく、申請書がネット上で作成できるシステムでした。
ただ、メールアドレスを登録して自分用のリンクを作成します。

そのため申請書の作成だけではなく、その後自分の申請が受け付けられたのか、審査中なのか、審査完了したのか、を同じリンクから確認が可能となるようです。

申請書を作成する際のミスも減るでしょうし、ぜひ申請書はネット上で作成しましょう。

受付は令和2年8月31日(月曜日)まで(当日消印有効)

受付は8月31日までで当日消印有効とのことですがなるべく早めに申請するようにですね。

対象者は他の協力金を受けていないことが前提

要件は色々あるので詳細は先日の記事や名古屋市HPをご確認いただければですが、他の協力金を受けていないことが大前提です。

名古屋市では
 愛知県・名古屋市新型コロナウイルス感染症対策協力金(50万円)
 ナゴヤ新型コロナウイルス感染症対策協力金(50万円)
 名古屋市理美容事業者休業協力金(県・市で20万円)
 名古屋市理美容事業者事業継続応援金(10万円)
といった協力金がありますがこれらの対象外で受けることができない事業者のための応援金、ということです。

対象事業者は幅広いです。自分が対象か一度確認を

休業要請対象外だけれども、感染リスクを負って、個人消費者と対面して商売を続けている中小企業等が対象です。
スーパーやホームセンター等の小売店、病院、クリーニング店、銀行等対象事業者の種類は様々です。

税理士事務所も個人との対面があるとして対象とされているくらいです。

この制度、あまり広報がされていないのでは、と思います。
同業組合等から通知があるかもですが自分が対象となるかどうか、一度自分で確認してみましょう。

Follow me!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です