口内炎には絶対トラフルダイレクト・できる前に貼るくらいの気持ちで

口内炎って痛いですよね。

私もたまにできてしまうのですが数日間は痛くて食事が美味しくないですし、頭痛やら倦怠感やらもつれてきてくれます。

疲れてるからできるわけで、頭痛やら倦怠感やらを感じるような状況だから口内炎ができるんだ、といわれることもあります。
卵が先か、ニワトリが先か、口内炎が先か、頭痛やらが先か、というところです。

私はこの点、口内炎が先だ、と思っています。

口内炎にはトラフルダイレクト

口内炎には薬がたくさんでてますがトラフルダイレクトが一番です。

軟膏やらいろいろと試しましたがシールタイプのトラフルダイレクトに勝るものはありません。

以前は持ち運びに気をつかうパッケージでしたが最近はこのように完全個包装で持ち運びも簡単です。

口内炎に直接はりつけるシールタイプの薬で、寝る前にはっておくとよく眠れます。

よく眠れるだけでも口内炎にいいですよね。

さらシールなので薬が流れていってしまう、というこもなくしっかりきいてくれます。

本当におすすめです。


口内炎ができそうなときこそ貼る

口内炎が先か、頭痛が先か、口内炎が先だ。
と書きました。

そのわけもトラフルダイレクトにあります。
トラフルダイレクトをまだ痛くないけど口内炎ができかけてるな、できそうだな、というときにはっておくと本当にすぐなおります。

そうすると頭痛もやってこず、倦怠感もやってこず、です。
体調不良沼に落ちそうなところでできかけ口内炎をトラフルダイレクトで防いでおくと沼に落ちずにすむわけです。

つまり口内炎と一緒にやってくる体調不良は口内炎さえ瀬戸際で防げばやってこないわけです。
そうするとやっぱり口内炎が先だな、というところです。

思うに口内炎を治そうと体が頑張って他のところも大変なことになる、という感じでしょうか。

舌にできた口内炎・舌炎にもトラフルダイレクト

口内炎にはトラフルダイレクト、これは本当です。

特に変な味もしませんし、口内炎できそうだな、ぐらいから貼って寝てを二晩繰り返せばだいたいよくなります。

できてしまってからでもよくきいてくれまし、場所にもよりますが昼間はったまま仕事も可能です。

そして、舌にできた口内炎にもトラフルダイレクトはきいてくれます。
これこそ場所によりますが寝るときであれば大体大丈夫です。

舌の口内炎にはいい薬が全然ないです。
軟膏もすぐ流れてしまいます。
それがトラフルダイレクトなら大丈夫です。

多少変な味はしますが、寝る前舌にエイヤっと貼って寝てみましょう。

まとめ

小さな口内炎がぽちっとできてしまいトラフルダイレクトをこれからはります。

勢いで書きましたがトラフルダイレクトは本当にいいものです。

特にできそうだなーぐらいのときに貼ると効果絶大です。

私はできる前に貼ってしまいたいので常備しています。

今回はできてしまいましたが・・・

明日にはよくなってくれてることを祈ります。

Follow me!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です