PostCoffee・コーヒーバッグを試す

先日おまけでいただいたPostCoffeeのコーヒーバッグ、やっとのんでみました。

見た目は完全にteaバッグ

ケニアのカグユ、という豆です。

パッケージは完全にteaバッグですね。
裏面にはおいしい淹れ方がかかれています。

パッケージをあけて中身をとりだしたのがこちら。
これがコーヒーバッグです。
Dip Style coffee となってます。パッケージにも同じ記載がありました。
一杯用のteaバッグよりたくさん中身がつまってる感じがしますね。

淹れ方もteaバッグと基本同じ

見た目は本当にコーヒー粉のはいったteaバッグですが、淹れ方もteaバッグとほぼ同じです。

基本はバッグに当たるようにお湯を注ぎ3分ほど浸すだけです。

ただ、最初に少量のお湯を注ぎ蒸らすとより美味しい、とのこと。
ここはコーヒーぽいですね。
ハンドドリップでもフレンチプレスでも最初に蒸らしますしね。

そういうわけでやってみました。
ちょっとお湯をいれすぎたかもですが、この状態でちょっとおいてみました。

その後、バッグにお湯を当てながら何度かにわけてお湯をそそいでいきます。

お湯をそそぎおわったら静かに待つ、のではなく上下に数回振ってからしばらく待ちます。

これを見落としていてコーヒーカップになみなみいれてしまいました。
上下に振るとこぼれそうですがそーっと何度かふりました。

これで数分待って好みの濃さになったら最後にもう一度数回上下に振ってバッグを取り出したらできあがりです。

めちゃくちゃ気軽にしっかり美味しいコーヒー

コーヒーバッグ、どんなものかなと思いましたがしっかり美味しいコーヒーでした。
道具も何もいりません。

コーヒー粉をお湯に浸して、バッグでこしているわけで、理屈上フレンチプレスとそんなにかわらない、ということでしょうか。

自宅や事務所でコーヒーを楽しむにはドリッパーもコーヒーメーカーもあるのでコーヒーバッグをわざわざ買って、とは思いません。

でもこれだけ何もなくても楽しめるとなると旅先やアウトドアなんかにいいんでしょうね。

簡易ドリッパーを持って行って山でコーヒーを淹れる、というのもいいんでしょうけど、コーヒーバッグを持って行って気軽に美味しいコーヒーを、というのもいいんではないかと。

そういう機会のときには注文してみようと思える美味しいコーヒーバッグでした。

Follow me!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です