領収書が管理できない人はどうする?生活費の領収書はもらわないというのも一つの手

領収書はとっても大切なもので帳簿づくりには欠かせませんし、確定申告をした後も保管が必要です。

ただ領収書やレシートが発行されるのは経費支払のときだけではありません。
そのため、自身で経費のものと生活費のものとをわけておく必要があります。

ただ、領収書をみただけではその支払いが事業の経費なのか生活費なのかはわかりません。
例えば喫茶店のレシートも打ち合わせをしたときのものであれば経費ですが、家族とコーヒーをのんだだけなら生活費です。
本屋のレシートも仕事関係の本であれば経費ですが関係ない漫画等であれば生活費です。

支払った本人はわかるはずですがそれも時間がたつと忘れてしまいます。

忘れないうちにレシートや領収書の裏にでもどういった支払なのかをメモしておけばいいのですが領収書は貯めてしまいがちです。

どうしても領収書を貯めてしまってどうにもならない、という人はどうしたらいいでしょうか。

管理できないなら関係ない領収書はもらわない

もうどうしても管理できない、という方はいっそ事業に関係のない支払については領収書やレシートをもらうのをやめてしまうのも一つの手です。

事業経費だけ領収書やレシートをもらうようにすれば、財布にある領収書はすべて経費のはずです。

もうこのレシートは経費かどうか、なんて後から悩む必要もなくなります。

それをたまに取り出して帳簿をつけて封筒にがさっと入れておけば完璧です。

理想は家計簿も事業の帳簿もつけること

もちろん理想は家計簿も事業の帳簿もちゃんとつけることです。

ただ事業の帳簿付けもままならないうちは家計簿付けまではできません。

帳簿付けは資料さえ整えておけば最悪外注できますが家計簿はそうはいきませんし。

領収書の整理ができないのを今すぐ何とかしたい、という場合には事業経費分だけ領収書をもらうようにする、というのは有効です。

できれば手間をかけないでいいように工夫をして解決を

生活費のレシートはもらわない、は効果的ではありますが相当乱暴な解決策です。

できればそれ以外の方法で整理をうまくやっていきたいです。

例えば事業経費用のクレジットカードをつくり、経費の支払はすべてそのカードにする。

そうしてしまえばそのカードは経費だけどそれ以外は生活費と後から簡単に区別できます。

どうしても現金支払いの経費がある場合には、それだけわかるように区別すればいいだけです。

まとめ

あれもこれも経費になるかも、と色気をだして領収書をため込んでしまってわけがわからなくなるよりかはスパッと生活費の領収書はもらないようにする、というのはいい解決策かなと思います。

ただ、できれば経費支払はわける等の工夫をして家計の管理もできるようにしておきたいです。

事業経費の管理と同じくらい生活費の管理も大切ですから。

Follow me!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です