ニチバンの防水フィルムロールタイプはお風呂もいける優れもの

昨日に引き続きケガの話です。

日曜日に休日診療所で左手中指の背を縫っていただきました。

今日、近所の外科に改めてみていただきましたが来週月曜日に抜糸となりました。
少なくともそれまでは傷口を濡らさないように、とのこと。

一週間は長いな、ということでなんとか中指を濡らさずに水仕事やシャワーをあびたりできないか考えてみました。

水仕事にはとりあえずゴム手袋

水仕事はとりあえずゴム手袋があればなんとかなります。

自宅にあったゴム手袋はちょっときつめだったので着脱の際に傷口にまいたガーゼがとれないかだけ心配ですがゴム手袋をして気を付けていれば大丈夫そうです。

強力にガードするなら医療用の防水フィルム

とりあえずゴム手袋があればなんとかなりそうではありますがゴム手袋は口がしぼられていません。

そのため、気を付けていないと入り口から水が入ってきてしまいます。

輪ゴムで絞る等もできますが完ぺきとはいきません。

そこで薬局でみつけた医療用防水フィルム、というものを使ってみました。
ニチバンの防水フィルムロールタイプです。

薄いフィルム上のテープに紙がはられロールとなっています。
使うときは必要な大きさにはさみで切ります。

小さく切ってはってみたのがこちら。

その後、はくり紙をはがして巻き付けるとこのように薄いフィルムがしっかりと指に巻き付きます。

これはそのまま指に巻いていますが、ガーゼ等をあてて、その上からこのフィルムをまくと防水ガーゼの出来上がり、ということです。

防水フィルム付きのガーゼも売っていますがかなり割高ですし、なかなかちょうどいい大きさはありません。

私の場合も中指の背にうまく巻けるような防水フィルム付きガーゼは見つけられませんでした。

このフィルム、相当防水性は高いです。

いきなり傷口は怖かったので別のところで試しましたがシャワーで水をかけてもフィルムの下は全く濡れていませんでした。

ガーゼをあてた後、しっかりこのフィルムでガードできればお風呂も入れるのでは、というところです。

実際、このフィルムの説明書きには入浴やプールでも使用可能とあります。
ただし、必ず水が傷口に入らないことを確認してから、とありますが。
しっかりはれればそれくらい強力、ということです。

まとめ

私の場合は縫ってますし、このフィルムをはってプールに行こう、とは思いませんが軽いケガをガードしてお風呂やプールに入りたい、というときは凄くいい商品ではないかと思います。

購入したのは5㎝幅ですが、薬局には10㎝幅のものもありました。
さらに重ねてはることも可能で、重ねて貼れば大きなガーゼでも固定できるとのこと。

とにかくかなりの防水力で感動ものです。
けがしてるけどシャワー浴びたい、お風呂入りたい、水仕事しなきゃ、という方はお試しいただければ。

Follow me!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です