GoTo出張外し?出張は11月6日から極力制限とのこと

10月から東京都民にも解禁されてかなりの広がりをみせているGoToトラベルです。

しかし、10月30日に観光を主な目的としないものについては支援対象外とすると発表されました。

免許合宿や商品券付きプランが外されるのはまぁ仕方なしと思いますが出張も除外する、とのこと。

官公庁によると出張の除外理由は次のような考えによるようです。 

事業開始時においては、観光・ビジネスの別を問わず、人の動きが激減していたことから、ビジネスを目的とした旅行についても支援の対象としておりましたが、人の動きが回復してきている中、更なる観光需要の喚起の観点から、ビジネスを目的とした旅行については本事業の利用を極力制限させていただくべく、法人の出張手配を目的とした予約サイトにおける割引の適用除外など、利用を制限するための措置を講じることとします。

観光庁HP「事務局が対象商品として適切であると認めるか否かの基準・考え方について」より

ビジネスまで支援するほどの状況ではなくなった、という理屈のようです。
新幹線に乗っているとまだまだかなりの空席ですし、出張は基本平日で観光需要ともかぶりにくいでしょうから支援してもいいのでは?と思いますが。

しかし気になるのは「極力制限させていただく」という表現にとどまっている点です。

まだ実際どういう取り扱いになるのかわかりません。
出張か観光目的かは線引きが難しいでしょう。
自粛を求めるにとどめるのか、利用が判明したら返還まで求めるのか、罰則までつくのか。
どうなるんでしょうか。

ワーケーションなんてキャンペーンも観光庁はうっていたいような気もします。
ワーケーションは出張じゃない、ということでしょうが観光が主な目的でもないような。

やはり線引きは難しいです。

ただ、こういう方針が示された以上、一般的な出張では割引を適用せずに予約することが必要となるでしょう。
先日、GoToトラベルを利用した場合の経理について書きましたが、関係なくなってしまいますね。

ただ、11月6日以降の予約が対象となります。
ずるく考えると、予定が決まっている出張は今のうちに予約すれば、ということです。
どうされるかは、会社、経営者の方針次第でしょう。

Follow me!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です