煎り上手・珈琲自家焙煎日記2

煎り上手での自家焙煎記録

グァテマラ産生豆30g

今日焙煎したのはグァテマラ産生豆30g。

8cofferoastさんで購入したグァテマラSHBという豆です。
SHBというのはストリクトリーハードビーンズの略で、豆がとれた標高を示しているとか。
グァテマラでは標高1,350m以上でとれた豆をSHBと格付けしているようです。
標高が高いほど高品質に分類されてグァテマラの格付けでは最高とのこと。

弱火、2分で香りがたち、6分20秒で1ハゼ、7分20秒で火からあげました

今日は前回と同じくイワタニのカセットコンロ弱火で。

火にかけて2分程度が香りがたちはじめした。

その後6分20秒でパチパチと1ハゼ。

パチパチとはじける音がつづく中今日はもう1分煎り上手をふりつづけ、7分20秒で火からあげました。

前回と同じ火加減のつもりでしたが前回よりも1分弱早くパチパチと音がしはじめました。
豆の違いによるものなのか、火が微妙に強かったのか。

また今後記録をつけて要検討です。

今週もいい感じに。

焙煎後さましてからはかってみると26gでした。15%程度減です。

今回はパチパチと音がしはじめてから前回より少しだけ長く火にかけつづけてみました。
前回が45秒で今回は1分ですから15秒程度長めです。
それでも仕上がりは前回とあまり変わらない色です。

深煎りを目指すなら、もっと思い切って長く火にかけてもよさそうです。

グァテマラSHBは苦み弱め

さっそく焙煎したてをのんでみました。

苦みは弱めです甘い香りの珈琲です。
かといって酸味が強いわけもでなかったですが。

のみやすい珈琲、ということになるのかなと。

Follow me!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です