煎り上手・珈琲自家焙煎日記4

煎り上手での自家焙煎記録

グァテマラSHB50g

先週焙煎したものと同じ豆です。

100gのお試しで購入した生豆で、先週、先々週と30gずつ焙煎し、残りを今日すべて焙煎しました。

100g購入して30gずつ二回焙煎したので今日は残りの40g、ではなく50gも残っていました。

購入先の8Coffeeroastさんによると、不良品を手で取り除くハンドピックをした後に100g残るよう100gの商品でも多めにいれてます、とのこと。

ハンドピックを全くしないで焙煎してきたので今日は残りの40gのハズでしたが50gも残っていました。

ハンドピックやってみようかと思いましたがとりあえず今日もハンドピックせず50g全て焙煎しました。

カセットコンロの弱火で、1ハゼ後2分

今日は前回と全く同じで試してみようと。

パチパチと1ハゼがきこえてきたら2分つづけて火にかけてみようと。

ただ、焙煎途中にカセットコンロのガスがきれる、というトラブルが。

しかも火が消えてしまっていることにしばらく気づかず、煎り上手を振り続けてしまっていました。

7分以上振っていても全然豆の色が変わってこないのでおかしいな、と思いはじめて火が消えていることに気がつき・・

あわててガスボンベを交換してもう一度焙煎しましたが今日は1ハゼまで何分かかったのかさっぱりわかりません。

30gと50gでどれほど違うのか比べてみたかったですが。

とりあえず1ハゼがきこえてから2分、そこは先週と同じようにやってみました。

焙煎後は43g・先週より色は薄め

焙煎後は43g、14%減でした。

色は先週より薄めな気がします。

同じ2分でも豆の量で変わってくる、ということなんでしょう。

今回は2日寝かせてからいれてみます

先週も先々週も焙煎後すぐにのんでしまいましたが炭酸ガスを落ち着かせるためにも焙煎後2日程度寝かせてからいれた方がいいとか。

焙煎後すぐにいれると面白いほど珈琲粉からガスがポコポコでてきて楽しいですが。

今回は2日寝かせてから挽いていれてみるつもりです。

Follow me!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です