煎り上手・珈琲自家焙煎記録11

煎り上手での自家焙煎記録

タンザニアAA 55g

今日焙煎したのはタンザニアAA55g。

購入した8coffee roastさんによると、
タンザニアはアフリカ大陸東部に位置し、インド洋に面した国で、大陸部の大半は海抜1,000m の高原であり、サバンナ気候。雄大な自然は、世界的な野生動物の楽園として有名。タンザニアコーヒーはアフリカ大陸最高峰のキリマンジャロ山域・タンザニア北部・ケニア国境近くのモシ地方で栽培されたコーヒー豆。「キリマンジャロ」の名称で一般的に親しまれている。
とのこと。

キリマンジャロなんですね。
キリマンジャロってキリマンジャロでつくってるんじゃないの?と思いましたが調べてみると、タンザニア産アラビカ種をキリマンジャロと呼ぶのでキリマンジャロはキリマンジャロで収穫されているかどうかはわからないそう。
とにかくタンザニアのアラビカ種ですからキリマンジャロということのようです。

AAというのは格付けです。
タンザニアではコーヒー豆の大きさで格付けされるそうです。
AAは6.75mm以上の大きさで最上級とのこと。
ただこれも大きければ美味しいというものでもないとかなんとか。

とにかくそんな豆を今日は55g焙煎しました。

中火4分32秒でパチパチと、その後約30秒。

今日も中火です。
弱火のほうが焙煎度合いの調整がききそうでよさそうなんですが、5分程度で焙煎の終わる手軽さにまけて。

4分半でパチパチと音がしはじめすぐにモクモクと煙があがってきたのでその後30秒弱、5分丁度で火からおろしました。

中火でやっているとパチパチと音がし始めたらあっという間に焙煎がすすみ焦がしてしまいそうで気を使います。

ただ今日は焦がさずいい感じにできました。

焙煎後は49g、もう少し深煎りでもよかったか

焙煎後は48g。ムラもなくいい色に仕上がりましたがもう少し深煎り気味でもよかったかなと。
キリマンジャロといえば酸味ですが深煎りで重いキリマンジャロが好きなので

今週のんでみて来週どうするか、また考えます。

焙煎度合いを色々と変えられるのも自家焙煎の楽しみですね。

まだ焙煎度合いを自由にコントロールできてはいませんが。

Follow me!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です