名古屋市税の納税で3%還元・LINE Payで納税

名古屋市が2月1日からついにQRコード決済での納税に対応しました。

対応している決済方法はLINE Payとpaypayです。

クレジットカード納税は手数料がかかる、LINE Pay、paypayは手数料不要

クレジットカード納税は手数料を納税者が負担します。

これは国の税金でも名古屋市以外の地方税でも同じくです。

クレジットカードの手数料はお店負担でお客さん負担にしちゃだめ、というのがルールですが納税だけはお客負担となっています。
クレジットカード会社が立て替え払いしてくれるからその手数料分は納税者が負担するべき、と説明している自治体が多いです。

これに対し、LINE Pay、paypayでの納税については納税者が手数料を負担する必要はありません。

自治体がLINE Payやpaypayの決済手数料は負担しているのでしょう。
電子マネー納税は手数料不要、というのも導入している自治体では同じ対応のようです。

LINE Payやpaypayだって決済手数料は必要ですし、銀行での納税だって銀行手数料を自治体が負担しています。

そう考えるとクレジットカード納税の手数料だって自治体や国が負担したっていいじゃないと思いますが。
現状ではクレジットカード納税だけは手数料納税者負担となっています。

とにかく、LINE Pay、paypayでの納税については追加手数料不要ですから安心して挑戦できますね。

paypayでの納税は残高チャージが必要

paypayでの納税はpaypay請求書払いを利用します。

ここで注意が必要なのはpaypay請求書払いを利用するには事前に残高チャージが必要、という点です。

paypayはクレジットカードを登録してそのカードから支払う、ということもできますが請求書払いの場合は事前にチャージした残高からの支払いのみです。

ヤフーカードでチャージしておくことは可能ですが、クレジットカードで直接paypay請求書払いから納税することはできません。

ちなみに気になる還元率は0.5%〜1.5%です。
基本は0.5%で、前月に100円以上の決済を50回以上で0.5%アップ、前月に合計10万円以上決済で0.5%アップ、最大1.5%となっています。

LINE Payも残高支払いだけどVISA LINE Payクレジットカードなら決済可能

LINE Payでの納税は請求書支払いを利用します。

LINE Payでの請求書支払いもpaypayと同じく事前に残高チャージが必要です。
ただ、VISA LINE Payクレジットカードであれば支払い時に同額をクレジットカードから自動でチャージしてくれるチャージアンドペイが利用可能です。

これを利用することで実質的に税金のクレジットカード払いが可能となっています。
VISA LINE Payクレジットカードをつくる必要はありますがどうしてもカード手数料を負担せずにクレジットカードで納税したい、という場合にはいい方法です。

気になる還元率は1%〜3%です。
VISA LINE Payクレジットカードはいまキャンペーン中で常時3%還元ですが請求書支払いのチャージアンドペイはこの還元対象外です。
還元率はLINEポイントクラブでのマイランクによって決まります。

過去半年でラインポイント獲得数が
 100ポイント以上で1.5%
 500ポイント以上で2%
 5,000ポイント以上かつVISA LINE Payクレジットカード所持で3%
となっています。

お得に納税ならLINE Pay、手間をかけたくないなら口座振替

名古屋市税をなるべくお得に収めたい、という場合には今はLINE Payが一番です。

LINE のクレジットカードをつくっていなくてもLINE Payをすこし使っていれば2%の還元が受けられます。

ただ、LINE Payなら自宅から納税可能といっても手間は手間です。

なるべく手間をかけずに、という場合には口座振替がやはりおすすめです。

クレジットカード納税でも登録したカードで毎年決済、とは行きません。
都度決済が必要です。

口座振替であれば登録しておけば毎年同じ口座から引き落としをしてくれますから手間いらずです。

経理手間もかかりませんし履歴も確実に確認できますから事業関連の納税は口座振替が絶対オススメです。

クレジットカード納税の手数料撤廃も議論していいのでは

税を納める方法は色々ありますが、決済手数料はどんな納税方法でもかかります。
納付書を持参して銀行で納める場合にも銀行の取扱手数料を自治体は負担しています。

そんな中、クレジットカード納税だけはいまだに手数料を納税者負担としているのはどうなのかな、と。

昔はクレジットカードで納税するとポイントが付いてけしからん、というような話もあったようですが。
その点はLINE Payやpaypayも一緒で、むしろLINE Pay、paypayの方が還元率は高いくらいです。

クレジットカードは決済金額に応じての手数料ですから手数料が銀行等よりかかる、というのもわかりますが。
LINE Payやpaypayが手数料不要で使えるのにクレジットカードだけ手数料がかかるというはやはりアンバランスかなと。

LINE Payやpaypayも普及していますが普及率で行ったらクレジットカードの圧勝でしょう。
徴収率アップのためにもクレジットカードでの納税手数料を撤廃してもっとカード納税を推進してもいいんじゃないでしょうか。

Follow me!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です