煎り上手・珈琲自家焙煎記録16

煎り上手での自家焙煎記録

インドネシア マンデリンG−1

先週と同じくインドネシア マンデリンG−1を55g

弱火で16分

先週焙煎したマンデリンG−1が苦かったので弱火でゆっくりやってみよう、と。

淹れ方をかえてみたら美味しくのめましたがちょっと先週とかえてみました。

久々に弱火でやってみたら中々パチパチと音がせず。

16分まできてしまいしっかり色づいてもいたのでハゼ音には気が付きませんでしたが火からおろしました。

焙煎後は46g、先週と同じ

焙煎後は46g、先週と同じです。

先週は2ハゼ音まできいての46gでしたが、今週も同じ重さでした。

焙煎度合いで重さがかわる、と考えると同じくらいの焙煎度合いということでしょうか。

色もいい感じに仕上がりました。

今週は弱火と言っても先週と比べてホントに少し火を小さくしただけのつもりだったのですが、焙煎時間が全然違うことに。

なかなか火加減が難しいです。
火加減ではなく火との距離で加減をとるべきなんだろうと思いますが難しいですね。
まだまだ研究です。

Follow me!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です