自家焙煎マンデリンが美味しくなった・世界一美味しい珈琲の淹れ方

昨日あまりに苦くて美味しくなかったと書いた自家焙煎マンデリン。

今日あらためていれてのんでみたらそうでもなく美味しくのめました。

ちょっと淹れ方を工夫してみたのがよかったのかもです。

実は昨晩「世界一美味しい珈琲の淹れ方」という動画をYouTubeでみました。

なかなか目から鱗的な動画で。

これまで美味しい珈琲の淹れ方というかハンドドリップの基本としてきいてきたこととは全然違っていました。

ペーパーフィルターに直接お湯をあててもいい、だとかお湯は最後まで落としきっていい、だとか。

詳しくは動画をみてみることをオススメしますがビックリな淹れ方です。

井崎さんはワールドバリスタチャンピオンでバリスタだからなんでしょか。

自分の中の常識がくつがえりました。

それで昨日あまりに苦かったマンデリンもこれで淹れてみたらかわるのでは、と思ったら全然違いました。

苦くてのめない、ということもなくなって、苦みを感じつつもすっきりのめる、という美味しい珈琲に。

淹れ方の問題なのか、豆を一日おいたからなのか、何が原因で昨日と味がこんなに違ったのかホントのところはわかりませんが色々な淹れ方を試してみるのもいいな、と思った衝撃的な動画でした。

Follow me!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です