楽天ポイントが仮想通貨に交換できるようになりました

 楽天ポイントが仮想通貨に交換できるようになりました。

 これを機に余ったポイントは仮想通貨に交換してみたい、という方も多いのではないでしょうか。また、楽天ポイントは株式や投資信託の購入にも使用することができます。

交換した仮想通貨、株式の課税関係
 ポイントを使って購入した仮想通貨、株式、投資信託、どれも売却等する際に購入時との差額がプラスであればその差益について所得税が課税されます。

 仮想通貨であれば雑所得、株式や投資信託であれば譲渡所得として課税対象です。


ポイントを仮想通貨や株式に交換した際の課税は
 ポイントについての課税は、まだはっきりとした指針がしめされてはいません。しかし、基本的にはポイントを使用した時点で一時所得として課税対象となると考えられています。

 つまり、仮想通貨や株式に交換した時に、その分が一時所得として課税対象となる、ということになります。ポイントの発行者である企業から仮想通貨や株の贈与を受けた、と考えるわけです。

 1万円分の仮想通貨と交換したのであれば、1万円もらった、ということになりますから仮想通貨と交換した時点で、1万円課税対象ですよ、ということです。
 
 そして、その1万円の仮想通貨が将来10万円で売れれば差額の9万円が売却時に課税対象となります。

 課税されるならやめておこう、と思われるかもしれません。しかし、一時所得は年間50万円の特別控除があります。年間50万円までであれば、実際は課税されません

 そのため、先ほどの例であれば1万円の仮想通貨と交換しても、実際には課税されない、ということです。1年間で50万円を超えるポイントを得る、ということは一般的には考えづらいですね。そうすると、ポイントについて申告をしなければいけない人はほぼいないだろう、ということです。

 安心してポイントを利用していきましょう。

Follow me!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です