カジノでの源泉徴収、断念か

 先日書いた日本で将来カジノができた際にはその儲けから源泉徴収しよう、という案に対して、自民党内からも反対意見がでているそうだ。

 報じられていた案では、訪日外国人からは源泉徴収して課税逃れを防ぎ、カジノ内での金銭の流れを細かに記録する義務を運営事業者に課すことによって、日本人についても、税逃れができないようにする、とされていた。

 競馬等の他のギャンブルについてはそこまで厳しい制度になっておらず、海外のカジノでもそのような制度をとっている事例はないそうだ。

 課税も大切だが、実際にお金が動いてこそ、ということでもある。

 この際、競馬等についても国庫納付金を徴収してるのであり、多少その割合を増やしてでも払戻金については非課税としたらどうだろうか。毎年のように、競馬の払戻金の課税について裁判が行われているのは、今の制度に欠陥があるといった方がいいだろう。

 それにあわせるかたちでカジノについても同様な形式ににすれば源泉徴収も必要なく、金銭の流れを個人ごとに把握しておく必要もなくなる。結果として事務負担も減少し、多くのお金が動くこととなり、国庫も潤うのではないだろうか。

 この時期は毎日のように税制改正について様々な情報がでてきて面白い。

Follow me!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です