確定申告、遅れてしまってもいいですか?

 確定申告、ちょっとくらい提出期限に間に合わなくても大丈夫ですよね?なんて質問をいただきました。

 結論、だめです。もちろん期限を守りましょう、という建前的な話もあるのですが、自分のために絶対に遅れずに提出すべき(サラリーマン等の還付申告は除きます)です。

申告を間違えるより、申告をしていない場合の方がペナルティがきつい
 申告をしていなかった場合のペナルティは無申告加算税といって、50万円までは15%、50万円を超える部分は20%の割合で追加納税しなければなりません。
 仮に納税額50万円の場合は50万円×15%で75,000円です。

 申告していたけれど間違えていて後から修正申告をして、追加で納税しました、という場合のペナルティは過少申告加算税といいます。50万円までは10%、50万円を超える部分は15%です。
 仮に最初は40万円で申告していたけど間違えていて正しい納税額は50万円だった、という場合には(50万円ー40万円)×10%で1万円です。

 ただし、一定の場合にはさらに5%減額されますし、自主的に修正申告をした場合には、そもそも過少申告加算税は課されません。

 このように、税率的にも無申告のペナルティの方がきついですし、自主的に修正した場合には過少申告加算税は課されません

 ただし、意図的に少なく申告していた場合なんかには重加算税という重いペナルティがつきます。それと大前提ですが間違いなく期限内に申告、というのが一番です。あとから直せばいいや、と適当な申告をすることのないように、です。

金融機関は期限に間に合っていない申告(期限後申告)に意外と厳しい
 もう一つの理由、というかこちらがメインの理由ですが、金融機関は申告期限に間に合っていない、という事実に意外と厳しいです。お金を借りたい、という場合には申告書の写しを銀行等に提示します。そこで期限後申告になっていた場合には銀行に門前払いとされてしまうこともあるわけです。
 法律で決まっている期限を私は守りませんでした、といっているのですから考えてみたら当然のことです。

 実は、無申告加算税も一定の場合には課されません。そこに注目して一度なら少しくらい遅れても大丈夫、などと書いている人もいますが銀行対策上絶対におすすめしません。何がなんでも期限内に間に合わせましょう。

Follow me!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です