アメリカでは所得税減税か・日本ではどうなるでしょうか

 アメリカではコロナウイルスによる経済危機に対し、さっそく所得税減税等の大規模な経済対策をうつ、とトランプさんが表明しているようです。

 実際のところどんな対策がどの程度行われるかはわかりませんがこういった話がぱっとでるだけで市場も反応するようですし、このスピード感はちょっとうらやましいですね。

 景気の気は気分の気、ともいいますし日本でもなんとか明るい話題をつくって皆がお金を使いやすくなっていくといいなと思います。麻生さんも景気対策の減税は「反対するつもりはない」と言っていたそうです。煮え切らない言い方ではありますが減税がおこなわれるかもですね。

 日本でも過去様々な減税策がありましたが記憶に新しいものでは定率減税ですね。所得税の一定割合を減額する(上限あり)、というもので経済対策の一つとして行われました。また、減税ではないですが定額給付金、というものもありました。
 
 今回はどんな対策がとられるのか、何もなしとなるのか、まだわかりません。ただ、これだけ日本中の気分が落ちいている中、なんとか気分があがって景気もあがる対策を期待したいです。

Follow me!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です