コロナ緊急経済対策・キャッシュレス決済還元率引き上げか

 キャッシュレス決済を中小事業者等で利用した場合の5%還元が消費税増税と共に今年の6月まで行われています。これが、新型コロナへの緊急経済対策の一環で還元率が引き上げられるかもしれない、とのことです。
 
 キャッシュレス決済 ポイント還元率引き上げ検討 購買意欲刺激が狙い

 消費税を下げると戻すのが難しい、ということもあっての考えだと思います。転売屋さんがむらがって終わり、なんていうことのないように還元率をあげるなら上限等を慎重に検討してほしいですね。

 ちなみに、今でも実はキャッシュレス決済による還元は各カードや決済手段ごとに上限が設定されています。楽天カードは毎月15,000ポイントまで、paypayは毎月25,000円まで、とされています。15,000ポイントでも月に30万円決済しないといけませんから消費税増税対策しては十分ですね。

 キャッシュレス決済還元は中小事業者等での決済が対象となっていますから、新型コロナの影響を受けてつぶれそうになっている中小事業者の助けに少しでもなればとは思います。ただ、BtoB事業にはほとんど影響ないですから当然BtoB事業にはまた別の施策を期待しますが。

 そして、国の財源をつかっての還元ですから転売屋さんがむらがることのないように。還元率を上げるのであれば、例えば一回の決済ごとの上限を決める等対策が必要ですね。

 こういった対策は各種キャッシュレス決済事業者がすでに様々行ってます。ポイント還元を経済対策に使うならそういった民間事業者にも意見をきいてすすめてほしいです。

Follow me!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です