愛知県コロナウイルス感染症対策協力金、一部で申請受付開始

愛知県の緊急事態宣言に基づいて休業や時短営業に協力した事業者に対して50万円を支給する、という休業要請協力金の申請受付が県内の一部自治体ではじまりました。

対象者の要件

要件は色々ありますが、愛知県から休業や時短の要請を受けた業種の事業者で次の1から6に該当する場合です。

1.愛知県内に事業所を有すること

2.中小企業や個人事業主等であること

3.休業や営業時間短縮の要請を受けた施設を有する事業者であること
   愛知県が発表していいる対象施設一覧はこちら 協力金交付対象施設一覧

4.休業要請期間「4月17日(金曜日)~5月6日(水曜日)」の全日において、休業又は営業時間短縮したこと
    4月17日(金曜日)は準備・調整等の必要性から営業実績があっても可
    大学等は4月23日から、ホテル等は4月26日からの休業でも一部可

5.愛知県緊急事態措置が実施された令和2年4月10日時点で開業しており、営業実態が確認できること

6.交付申請日及び交付決定日において倒産・廃業していないこと

要件たくさんありますが6の交付決定日において倒産・廃業していないこと、というのはびっくりです。
休業に協力したため大変だろうから支給する、という給付金のはずです。
いまだ休業要請は続いていますし、ここは要件を緩和してほしいところです。
休業要請が解除されるまでもたない事業者もでてきています。

申請先は基本的に市町村

愛知県内に本店のある法人、住所のある個人事業主の申請窓口は所在地、住所地の市町村です。
ということでその市町村が受付を開始しているかどうか、各自治体のHP等で確認が必要です。
今週多くの市町村で受付が始まりましたが名古屋市は現時点ではまだ受付開始されていません。
愛知県によると申請は、5月上旬頃~6月末頃、としているので近日中には開始されるのではないでしょうか。
なお、愛知県外に本店のある法人、愛知県外に住所のある個人事業主の申請は県が一度受け付けた後、事業所所在地の市町村へ書類をまわすそうです。まずは愛知県へ申請しましょう。

申請書類を準備

申請には必要書類がいくつかありますから受付がまだの自治体の方も先に書類だけでも整えておきましょう。

申請書、誓約書、チェックシート1、チェックシート2の四つの書類は各市町村のHPからダウンロードして記入します。
これ以外に下記の書類が必要です。

(1)営業活動を行っていることが分かる書類
  ①直近の確定申告書(個人:所得税、法人:法人税)
    これについては原則、税務署の受付印又は電子申告の受信通知のあるもの、とされています。
    申告書控に受付印や受信通知がない場合、持続化給付金では納税証明でも可でした。
    しかし愛知県の休業要請協力金では、受付印等がない場合、次の申告書一式を提出することとされています。
    ◆個人:青色申告の場合「確定申告書B第一表・第二表、青色申告決算書」
        白色申告の場合「確定申告書B第一表・第二表、収支内訳書」
    ◆法人:「法人税申告書の別表(全て)、法人事業概況説明書」

  ②業種にかかる営業に必要な許可等を取得していることが分かる書類
    飲食店営業許可、旅館業許可、古物営業許可、風俗営業許可・届出 等
    この書類は営業許可等が必要な業種のみ必要です。

  ③申請する事業所ごとの外景(社名や店舗名入り)及び内景の写真 
    令和2年4月10日以降記録されたものに限る、とされています。
    営業可能な状態であることを確認するためのものでしょう。
    いまからでも写真を撮っておきましょう。

  ④本人確認書類(運転免許証、パスポート、保険証等) 
    これは個人事業主の場合のみ必要です。

(2)休業又は営業時間短縮の状況が分かる書類
   ホームページの画面、ポスターやチラシ、本社等から事業所に対する通知 等
   実際に休業していたことを証明するためのものとなります。
   店頭にはっているお知らせの貼り紙等の写真を撮っておくのがいいでしょう。

(3)振込先口座番号が分かる通帳又はキャッシュカードの写し

以上です。
確定申告書に受付印がない場合には申告書一式の用意が必要です。
持続化給付金の申請とは必要書類が違うので注意です。

また、休業の実態確認ための書類が必要です。
営業許可書、店舗の外観内観写真、休業のチラシ、これらは実際に休業された方は問題なく用意できると思います。
写真を撮るなり準備しましょう。

最新情報は愛知県HPや各市町村HPから

最新情報のチェックはこちらから
 「愛知県・市町村新型コロナウイルス感染症対策協力金の申請受付について
実際の申請は各市町村に行うこととなりますが、各市町村の該当ページにもこのページにリンクがはられています。
申請受付を開始した市町村からリンクがはられるそうなのでチェックです。

受け付けは郵送で、という自治体が多いようです。
持続化給付金の申請システムを愛知県が買ってきて利用する、くらいできなかったのかなと思ってしまいます。
そうでなくても東京都はとっくに受付を開始しています。
特別定額給付金の申請受付もあり市町村も今パンク状態でしょう。
大変だとは思いますがなんとか迅速に対応、給付してほしいです。

Follow me!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です