PostCoffee・Nicaragua El Supiro

PostCoffee今回の三種類目です。

NicaraguaのEl Supiroという豆で、チャート表では真ん中あたりに位置する豆で、真ん中の丸がEl Supiroです。

オーソドックスなコーヒーながら酸味が強め

今回は軽いもの、重いもの、中間のもの、と三種の豆が届きました。

そして、まずは軽いもの

次に重いもの

とのんできて、今日は中間のものをのんでみました。

パッケージはこちらです。
フレーバーノートには
 RoastedAlmond,Apricot,Honey,Balanced
とあります。

重たい感じはしませんがとてもいい香りです。
アプリコットやハニーというフレーバーノートに引っ張られただけかもですがちょっと甘い香りに感じました。

のんでみるとまずは酸味を強く感じます。
後味は軽めで鼻にぬける香りはやはり甘い気がしました。

いわゆるコーヒー味、という感じですが全く重くはなく後味さっぱりです。
酸味が前面にでてきた気持ちいいオーソドックスコーヒーという感じでしょうか。

酸味強めのコーヒーがお好きな方にはすごくいいかもです。

まとめ

私は重ため苦めのコーヒーが好きです。
ただ、軽いなら軽いで雲南ナチュラルくらい振り切って軽い方が好きかもと、中間のNicaragua El Suspiroをのんでみて思いました。

雲南ナチュラルくらい軽いと、私の好きな重いコーヒーとは全く別の飲み物として楽しめますが、中間のものだとどうしても重い自分好みのコーヒーと比べてしまいます。
比べてしまうと重くて苦いコーヒーの方が好きだな、と。

色々な種類のものを少しずつあまり間をおかずにのんでみると色々と発見がありますね。

次の豆も楽しみです。

Follow me!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です