フリーランス、個人事業主にやったまずやること・事業用のクレジットカードをつくろう

最近は様々な決済方法がありますが、クレジットカードを一枚も持っていないという方はいないのでは。

それくらいクレジットカードは一般にも普及したと思いますし、多くの方が複数枚もってみえるでしょう。

銀行、スーパー、百貨店、携帯会社、ネット通販、様々なところが自社カードを発行していますし、いわれるがままにつくっていたら凄い枚数つくっていた、なんていうこともあるかもです。

そんな複数枚持ちが当たり前ともいえるクレジットカードですが、フリーランスになったら経費支払い用のクレジットカードを一枚つくりましょう。

経理を楽にするには仕組み作りが大事

フリーランスや個人事業主になったら経理から逃げることはできません。

自分で売上を計算して、経費も計算しないといけません。

青色申告といって税金でちょっと得する制度を使おうと思ったら複式簿記までやらないとです。

そんな面倒な経理を楽にするには楽にするための仕組み作りが大事です。

何でもクレジットカードで支払っておけば履歴は確実に残ります。
しかし、同じクレジットカードで生活費の支払いも経費の支払いも、となってしまうと後からわけるのが大変です。
また、何枚もクレジットカードを使っていて、あのカードでもこのカードでも経費の支払いをた、となると余計に大変です。

そういった余計な手間を避けるために1枚経費支払い用のクレジットカードをつくりましょう。

新しくつくってもいいですし、もともと持っていたけど普段使っていないカードでも大丈夫です。

とにかくこのカードの支払は全て事業に関係するモノだけ、という状態にすることが大事です。

そうしてしまえば経理をしようと思っても、そのカード関連のものだけ最低限とっておけば大丈夫、ということです。

会計ソフトに自分で入力する、という場合にもクレジットカードの明細をそのまま入力していけば経費の集計が勝手にできていきます。

自動取込機能を使いたいなら生活費支払と経費支払のカードをわけるのは必須

最近の会計ソフトは、ネットバンキングの明細だけでなくクレジットカードの明細も自動取込が可能です。

この自動取込機能を使って経理を楽にしたい、と思っているのであればやはり経費支払い用のクレジットカードをちゃんとわけることは必須です。

会計ソフトは確かに自動でカード明細を取り込んではくれますが、どの支払が経費でどの支払が経費じゃないかの判断はできません。

結局、自動で取り込んでもその後経費支払か経費以外の支払かを自分で分ける作業が必要となってしまいます。

自動取込機能を利用するにしても楽にするには最初の仕組み作りが肝心、ということです。

税理士にまかせるにしても経費支払のクレジットカードは分けた方がいい

税理士にまかせて帳簿作りから全部やってもらうからいい、と思う方もいるかもしれません。

ただ、税理士にまかせるにしても自動取込機能を利用する場合と同じように、やはり経費支払い用のクレジットカードを別につくっておいた方がいいです。

経費かどうかの判断は自分にしかできません。
同じレストランでの支払でも家族と行ったのか、お客さんの接待で行ったのか、では前者は生活費ですが後者は経費です。

これをいちいちカード明細等に書き込んでいただいてもいいですが、かなりの手間がかかります。
それよりも経費支払い用のクレジットカードをつくって、これで支払ったモノは全部事業関連だから、といえるようにしておく方が楽ですよね。

まとめ

フリーランス・個人事業主の経理を楽にするコツは最初に生活と事業のお金の流れをキッパリとわけてしまうこと、です。

そのために銀行口座をわけるのは当然としてクレジットカードもわけてしまいましょう。

最近はお得なキャッシュレス決済がたくさんありますが、私のオススメはそれらを利用するのは生活費支払いだけにしていただいて、経費支払いには使わない、です。
しっかり自分で経理できる、という場合にはお得なキャッシュレス決済を使い分けていただいてもいいですが、自身のない方はやめておきましょう。

キャッシュレス決済をつかったがために経費計上漏れなんてことになったらお得なキャンペーン以上に納税額が増えてしまいます。

経費支払い用のクレジットカードはなんでもいいですが、特にこだわりのない方は締め日が末日、というのも一つ基準にしていただければ。

Follow me!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です