PostCoffee・ブラジル フォルキーヤドゥリオ

Postcoffeeから届いてたブラジルのフォルキーヤドゥリオという豆をのみました。

パッケージはこちら

今回送っていただいた三種の豆のなかで唯一深煎りのものです。

Postcoffeeのチャート表では右上に丸をつけたものがフォルキーヤドゥリオです。

フレーバーノートには
 Aplicot,Honey,DriedFruit,Chocolate
とあります。

深煎りだけど苦すぎず酸味も香る

深煎りコーヒーは酸味がなくて苦いものばかりと思っていましたがこのフォルキーヤドゥリオは酸味がしっかり残っているなと感じました。

フレーバーノートを見た感じでは、苦いけど甘い香りがするのかなと思っていましたが、香りは甘く、苦みではなく酸味をしっかりと感じるという予想外の味わいでした。

・・・ただポストコーヒーサイトの解説では
 ドライフルーツやはちみつのような甘さ。 アプリコットのような明るい果実味とチョコレートのビター感。
と説明があるんですよ。

ビター感をもっと感じるべきなのかもです。

確かに同時に送っていただいた残り二種の中煎りのものと比べるとビターでしたが私はビターならもっとビターなものが好きです。
だからあまりビター感を感じなかったのかも、と思っています。

もしかしてこの解説を読んだ後に味わっていたら確かにビターだな、と思ったのかもしれませんが。
解説を読んだのが届いたコーヒーをすべてのんでしまった後のため今となってはわかりません。

もっと味覚の修業が必要ですね。

次の配送は豆でお願いしました

コーヒーは豆で送ってもらって挽きたてを淹れた方が絶対に美味しいはずです。
ですが、Postcoffeeでおくっていただくコーヒーは挽いてもらった状態で送ってもらっても十分美味しいんです。
だからずっと挽いてもらったものを送ってもらっていました。

平日事務所で飲む美味しいコーヒーは気軽に飲める方がいいな、というのも理由です。

ただ、次回の配送は豆でお願いしてみました。

せっかくの美味しいコーヒーですから事務所でもひと手間かけてみようかなと。

お客様にもおだししますのでコーヒーがお好きな方はぜひお声がけください。

Follow me!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です