給与もなんとかペイで受け取り開始?

給与は原則現金支払、振り込みは特別に認められています、なんていう決まりがまだ残っていますが給与のデジタル払いが始まるかもです。

給与は実は原則現金支払とされています。
労働基準法第24条で定められていていまだそのルールは変わっていません。

そうはいっても振込の方がほとんどだと思いますがそれは組合との協定ですとか個々の労働者との合意があって認められるモノで、嫌です、現金でください、といえば会社は現金で支払う、というのが原則だったりします。

そんな給与のデジタル払いが今春にも解禁されるかも、というニュースが。

 日本経済新聞:給与デジタル払い今春に 政府解禁、銀行口座介さず 資金保全など条件

安心安全な資金移動業者に限り給与支払手段として認められるようになるとのこと。
これが認められればペイペイの残高で給与が支払われるようになるかもです。

銀行に比べて安全網が整っていない資金移動業者は給与支払の対象外だった、と記事は説明していますが問題は安全性もだけど使える場所だろうと。

デジタル支払で受け取った給与ではまず税を納めることができません。
ペイペイはまぁ税金を支払える自治体も増えてはいますが。
それでも現預金に比べるとつかえる場所が全然違います。

受け取ったデジタル支払給与を現金として引き出したり、銀行へ振り込んだりできるようになるのであれば別ですが。

現状のなんとかペイの残高が増えるだけでは使い勝手が現預金と比べて悪すぎます。
そのあたりどのような対応をとるのか、どんな資金移動業者が対象となるのか気になるところです。

ただ、今はえぇっと思いますが数年もすると当たり前になるのかもです。

昔は振り込みじゃ給与のありがたみがない、やっぱり現金じゃないと、とかいった時代もあったようですが今ではそんなこという方いませんね。

これも時代の流れ。人は慣れるものです。

Follow me!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です