ふるさと納税の駆け込み、ワンストップ特例選択の方は気を付けて

 ふるさと納税の駆け込みが盛んですね。

 発行された源泉徴収票を見ながら限度額の計算をしている方も多いのではないでしょうか。

今年のふるさと納税は12月31日まで
 12月31日までに寄付金の払い込みまですんでいれば令和元年分の寄付となります。クレジットカードを利用する場合には決済さえ済ませれば大丈夫ですから12月31日のぎりぎりまで大丈夫、ということです。

ワンストップ特例のには特例申請書の提出が必要
 ただ、ワンストップ特例を選択しされる方は気を付けたほうがいいです。ワンストップ特例の適用を受けるためにはワンストップ特例申請書を寄付先の自治体に提出する必要があります。通常は寄附金の受領書と共に申請書が送付されてきて、必要事項を記入し返送すれば大丈夫です。

年末の寄付は特例申請書を自ら印刷して送付
 しかし、すでに年末差し迫っているため、書類が送られてくることを待っていては特例申請が間に合いません。ふるさと納税のポータルサイト等には表示されていますが、今から行う寄付についてワンストップ特例の適用を受けるためには自ら申請書を印刷して自治体にすぐに送付する必要があります。自治体によっては、1月10日必着です。

 ふるさと納税は、ワンストップ特例の適用を受けるか、確定申告を行うか、どちらかをしないと所得控除や税額控除を受けることはできません。手続き不足で税軽減等を受けられなかった、などということのないよう十分気を付けましょう。

Follow me!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です