国税庁のホームページにチャットボット導入、3月15日まで

 国税庁の令和元年分確定申告特集内にチャットボットが試験的に導入されました。

 このリンク チャットボットに質問 からチャットボットに行くことができます。

中の人が答えてくれるわけではない

チャットボット内に入ると税務職員のふたばさん、という方が相手になってくれますが、実際にチャットで税務的な質問にこたえてくれるわけではありません。

 質問を打ち込むとその中にあるキーワードから該当しそうなQAを紹介してくれる、という形式になっています。

それでも国税庁のQAは優秀

もともと国税庁がつくっているタックスアンサーや質疑応答集等はとてもよくできています。ただ、自分の知りたい情報にたどり着くことが少し難しい、という印象でした。これがチャットボットに疑問をぶつけてみるといくつか答えをだしてくれます。国税庁HPの入り口としては、これまでに比べるとかなり入りやすくなったのではないでしょうか。

ネットの情報には要注意

googleにきいてみる、という方も多いと思いますがネット上の情報は正しいとは限りません。また、仮にあっていたとしても税法は毎年変わっています。その記事が書かれた時点では正解でも、現在では役に立たない、ということも多いです。その点国税庁の公式チャットボットであれば正確な最新の情報であることは間違い有りません。

実際にきいてみる

チャットボットであれば相手が人間ではありませんから細かい質問は苦手なようですが、国税庁のQAをすぐに紹介してくれます。スマホのe-Taxやってみようと思ったけど不安だ、という人は一度色々ときいてみるといいです。

 ためしに「還付を受けたい」と入力してみると、

 このようにいくつか候補をあげてくれます。学生さんにありがちな103万円以下の収入で年末調整してもらっていない場合については3番を選択してみると次のようにでてきます。

 
 解決したようなしていないような、という感じですがここから還付申告のリンクをたどり、確定申告書作成コーナーへ進んでいくと自然と申告書ができあがる・・はずです。

 医療費控除やふるさと納税等、いろいろなキーワードを投げかけてみて勉強する、というのもいいですね。とりあえず3月15日までの期間限定のようですから活用してみましょう。

Follow me!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です