フリーランスは事業用専用口座、カードをつくるべき

 事業を始めるなら、フリーランスになるなら、事業用通帳、事業用カードをつくるべきか?いろいろな考え方がありますが、私はつくるべき、と思っています。もちろん、すでに複数の口座やカードを持っている場合には、その内の一つを事業用、としていただいてもかまいせん。どういったかたちにしても、事業用は別管理にすると後が楽です。

 クラウド化異系統の自動連携機能をつかえば生活費と混ざっていても大丈夫、わけなくてもいいですよ、というような説明も最近では多いです。それでも私は事業用通帳や事業用クレジットカードを生活費用とは別につくることをおすすめします。
1.後から混乱しない
 これが一番ですが、後から混乱しません。最初に売上の入金や経費の振り込み引き落としはこの口座、とわけてしまえば簡単です。
 通帳の数字や印字だけでは、事業主本人でさえなんの入金か出金かすぐにはわからない、ということもあります。それでも口座をわけておけばとりあえずは事業に関連したものだ、ということはわかります。
 経理の余計な手間を省く第一歩としてやはり事業用の通帳やクレジットカードは生活費用とは別につくりましょう。
 

2.自動化も丸投げも簡単にできる

 経理の自動化、とてもいい響きです。
 ネットバンキング等登録しておくと自動で帳簿ができあがります。ただ、自動化だけで完全な帳簿ができあがるほどまでシステムはまだできていません。その後、修正していく作業が必要なのですが、事業に関連する入出金しかない場合と、生活費が混ざってしまっている場合とでは修正の手間は雲泥の差です。
 自動化をするためには口座をわけるべき、と私は考えています。
 また、税理士にまかせるにしても事業用口座を別につくっていれば、その口座だけみせれば大丈夫です。そうでない場合には生活費用の口座まで見せる必要がでてくるかもしれません。
 自分でやるつもりだったけどやっぱり税理士に外注したい、となったときにも事業用のものがはっきりしていれば丸投げも簡単です。
3.法人化したらどうせ別管理
 法人化した場合には会社のお金と個人のお金を明確にわける必要があります。当然、銀行口座も法人名義の口座をつくることとなります。
 将来的に法人化をすこしでも考えているのであれば、事業のお金は別管理、という感覚になれるためにもはじめから事業用口座等はわけてつくっておくといいでしょう。
 これから事業を始める方、フリーランスになる方は、最初からわけてしまいましょう。集計作業がとても楽になるはずです。そして、今現在確定申告の集計作業で苦戦されている方、そういった方はすぐにでも事業用と生活用の区別をつくり、来年にそなえましょう。帳簿を毎日つけることは難しいですが、帳簿づくりを簡単にする仕組み作りはすぐにでもできます。なるべく楽して本業に注力できる環境を整えましょう。

Follow me!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です